top of page

千年メルマガ No.05, 2024年1月「亀田総合病院のPHR実践経験」


平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

千年カルテご参加医療機関の皆様、日頃より多大なるご協力をいただき、ありがとうございます。


この度、メールマガジンNo.5「亀田総合病院のPHR実践経験」を発行いたしました。

詳細は以下をご確認ください。


 

千年メルマガNo.04で「千年カルテのPHRサービス」についてお知らせしました。



今回は、このPHR機能をフルに使っておられる医療法人鉄蕉会亀田総合病院にインタビューを行いました。


亀田総合病院におけるPHRは歴史が古く、2002年から取り組んでおられます。

また、その開示範囲も広く、経過記録、病理報告書なども含む広範囲に渡っています。

以下のように、患者さんがPHRを利用する場合、無料と有料でサービス範囲が異なる設定となっています。


無料:

・過去1年の血液·尿検査の結果、処方内容など


有料(月額100円)

・血液·尿検査(1年以上過去も含む)

・経過記録(医師診療録)

・病理報告

・画像(放射線画像、病理、そのレポートも含む)

・例外:病名、手術記録は開示しない


そのほかにも、さまざまなサービスが提供されています。

・外来患者呼び出し

・医療費会計後払い機能

・処方薬品の宅配サービス

 

インタビューは以下のURLをご覧ください。

(クリック後、外部サイトに移動し、再生が開始されます。)


 

▼同内容のPDF版メールマガジンはこちら

千年メルマガ No.05, 2024年1月
.pdf
Download PDF • 122KB

これからも千年カルテは次世代医療基盤法のもと、医療分野における社会課題の解決の一助と​なることを目指してまいります。


今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

bottom of page