©2020 by Life Data Initiative.

 

​代表理事挨拶

全国の医療機関等の診療データを安全に集積し、診療データを患者さんに開示、そして、複数の医療機関同士が連携して診療する(EHR)。更に、このデータを匿名加工して研究に利用し、未来の医療発展に貢献する。

このような夢を描きつつ、最初のシステム開発が始まったのが1995年であり、以来、徐々に賛同地域を増やして参りました。

2015年に開始された「次世代医療ICT基盤協議会」にて、新たに大規模なデータセンターを立ち上げ、「千年カルテ」として再スタートを切りました。2019年4月時点で、すでに全国で100以上の医療機関が参加しEHRとして機能し始めています。
また、匿名加工した診療データを研究に利用するために、匿名加工医療情報の利活用を促進する団体(一般社団法人(ライフデータイニシアティブ(LDI))を2018年4月に発足させました。LDIは、次世代医療法に基づき診療データの研究利用(臨床研究開発等)に貢献して参ります。

 

吉原 博幸