​次世代医療基盤法

『医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(通称:次世代医療基盤法)』が、2018年5月11日に施行されました。
次世代医療基盤法とは、医療情報を患者様ご本人と特定できない様に匿名加工処理を行い、健康・医療分野における研究開発に利活用し、日本の医療の発展、健康長寿社会の実現に繋げるための法律です。

 

​詳細情報については、内閣府ホームページにて公開されております。

認定医療情報等取扱受託事業者について

当法人では、事業の推進において、次世代医療基盤法で定める「認定医療情報等取扱受託事業者」として株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)へ業務の一部を委託します。
​NTTデータにおいても当法人で定める情報セキュリティ基本方針に則るとともに、情報セキュリティに関する設備等の管理において、NTTデータで定めるセキュリティ方針も併せて遵守するよう運用を徹底するよう当法人としても適切に管理してまいります。

※当法人からの委託に関わるNTTデータのニュースリリースはこちらからご覧ください。

認定匿名加工医療情報作成事業者について

(一社)ライフデータイニシアティブは、次世代医療基盤法の「認定匿名加工医療情報作成事業者(認定事業者)」として国から※認可を受け、健康・医療全般の情報の利活用者、参加施設へのサービス展開により、日本の医療発展に寄与できる事業を行うと共に医療の質・効率性や患者・国民の利便性向上、臨床研究等の研究開発、産業競争力の強化、持続可能な医療システム実現へ貢献します。

※2019年12月19日に認定匿名加工医療情報作成事業者に認定されております。

体制図

体制図.BMP

成果を国民・医療関連施設へ還元

​お問い合わせ

データ利活⽤のご相談やお⾒積り、その他お問い合わせはこちら